浅海の復縁マニュアルの内容

浅海の復縁マニュアルの内容は全7章から構成されている

 

復縁アドバイザーとして名高い浅海氏が執筆した浅海の復縁マニュアル内容は全7章から構成されています。

 

第1章は別れた原因を探る項目になっており、出会いから別れに至った経緯を細分化します。

 

そして、第2章は冷却期間の意味を正しく知ってその間になすべきことを解説したページです。

 

第3章は復縁に向けた下準備を行なう手順を紹介しており、女性心理を知る方法と復縁に大切な3点セットが用意されています。

 

次に第4章はスムーズな復縁に向けたパターン別の行動の解説で復縁に向けて重要なプロセスの項目になっています。

 

第5章は本格的な行動に向けた行動がフローチャート式で記され、第6章と第7章はあとがき的な意味合いの少し変わったケースの対処法の項目です。

 

この様に浅海の復縁マニュアルは全7章から構成されているので読みやすい教材です。

 

 

浅海の復縁マニュアルはチェックシートを確認しながら行動する

 

浅海復縁とは一度別れてしまった人とよりを戻すための復縁マニュアルのことです。

 

この特徴は復縁できた人とできなかった人の行動の違いを様々な視点から分析し具体的な復縁のやり方についてまとめられたものです。

 

その内容が非常に具体的なものであり、行動や言動が細かく書かれているため分かりやすいです。

 

教材の内容にはチェックシートがついており、それを確認することで自分の何が問題だったかがすぐに分かります。

 

それを行った後は浅海の復縁マニュアルを見ながら具体的な方法を確認していきます。

 

例えば仕事が忙しくてスケジュールが合わない場合や遠距離で恋愛をしているといったケースでは連絡を頻繁にとっていないことが原因だと判断できるので今度はそれを改善するためにどのように行動していくかを考えていかないといけません。

 

そのためには冷却期間というものが大事です。これは別れた後すぐに相手に復縁をお願いするのではなくある程度の期間を経てお願いするということです。

 

この時にどのように行動するかが復縁するのに大事です。

 

人によって違う浅海の復縁マニュアルで学べる冷却期間

 

復縁アドバイザーで知られている浅海さんが出版している教材を読むとわかりますが人によって冷却期間は違うのがわかります。

 

例えば、別れ方の状況にもよるものですが冷却期間はおよそ1ヶ月から3ヶ月ほど置いた方が良いとアドバイスをしています。

 

別れた後も友達としていられる場合や穏やかにお別れをすることができたなら、冷却期間を置かなくても良いとしていますので参考にしたいものです。

 

復縁アドバイザーの浅海さんは、大手企業で営業を7年間経験した中で人付き合いの極意を学ばれていて、現在ではこの経験を恋愛に生かすために復縁アドバイザーとして多くの人の相談に応じています。

 

その方から学べる復縁を成功させるために必要な冷却期間は、別れ方の状況にもよりますが1ヶ月から3ヶ月とアドバイスしています。

 

ただ、状況や別れかたなど人によって冷却期間は違うので浅海の復縁マニュアルを読みながら進めた方がいいです。

 

もし冷却期間について相談したい場合などにはサポートを利用するのも良い方法だと思います。

更新履歴
page top